認知症の予防をしよう|サプリで必要な栄養素を補給

カプセル

記憶障害と付き合う

笑顔

病気とうまく付き合う方法

アルツハイマー病は現代の医学では有効的な治療法がまだ確立されていない病気です。次第に脳の組織が失われてゆき、記憶が少しずつ衰えてゆくため自分に自信がなくなり、家族や友人に意味の無い八つ当たりをしてしまったり、作業の手間を増やしてしまうなどで周囲を振り回すような行動を取ってしまう事があります。しかしこれはアルツハイマー病の病気のためであり、自分の心が弱いからとか、自分の性格が悪いからではありません。一見すると面倒な人だと思われてしまったり、性格の悪い人、心の弱い人などとレッテルを張られ誤解されてしまいがちです。しかしこれはアルツハイマーにより脳の萎縮が始まっているために起こる現象です。感情だけはそのままになっているため、自分がミスしてしまった事を隠したり、意地を張ったりしてしまいます。そのため周囲とのトラブルの原因になってしまったり、自分に自信を無くしてしまう事もあるのです。

気持ちを分かってあげる

現在は、アルツハイマー病の病気の進行を和らげる薬も開発されており、薬を活用した生活習慣改善も大切です。しかし家族や支える人にとって心掛たい重要なポイントとしては、患者さん本人の「気持ちを分かってあげる」事が一番大切です。アルツハイマー病の患者さんは記憶障害によって言葉があいまいだったり、おかしな発言をしたりする事もあります。しかしこれらは病気の進行によって起こっている現象です。そのためおかしな言葉を発したり、ミスをしてしまったりした時には無闇に叱ったりせず、一旦そのトラブルが起こった理由を考えてみる事が大切です。例えば、脳萎縮のある患者さんは、時々何もないところで手を伸ばしたりしている人もいます。これは幻覚が見えているからだと言われており、こうした「自分だけ見えて他人には見えないものが見える不安」などから、ミスをしたり、わからない言葉を発している患者さんもいます。気がついてあげる事でスマートなコミュニケーションが取れることもあります。