認知症の予防をしよう|サプリで必要な栄養素を補給

カプセル

認知症、と不安になる前に

お年寄り

食べ物を意識する

最近物忘れが激しいと感じることがありませんか。記憶力は、20代をピークに下降していきますので、物忘れの増加は、加齢と共に誰にでも自然に起こりうることと言えます。では、物忘れを予防するにはどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。手軽で人気のある方法として、食生活を改善していく、という方法があります。一般的に、記憶力を保つためには、アセチルコリンという物質を多く含むものを食べると良いと言われています。代表的なものでは、レバー、卵黄、ナッツ、豆腐、コーヒーなどです。普段の食生活に、このような食べ物を積極的に増やして食べてみるだけなので、誰でも気軽にできる人気の予防法といえます。また、なるべく家族と食事をとるようにすれば、食事中に会話を増え、脳の働きを活性化させ、更なる物忘れの防止にもつながります。

認知症との違いは

また、物忘れの増加において注意すべき点は、認知症との違いです。物忘れというのは、物をどこに置いたか思い出せない何時に約束をしたのか思い出せないなど、自分の行動の原理を忘れてしまうものです。つまり体験したことは、覚えているという状態です。認知症は、物がない、盗まれている約束なんてしていない等、探す時間を思い出そうとするなどの、行動を起こす前に、そもそもの記憶がなくなっている状態のことを指し、最近物忘れが激しいという認識すらない状態が、認知症であるといえます。よって、単に物忘れが激しいというだけで、認知症やアルツハイマーかもと不安になる必要はありません。年齢と共にある自然の原理ということを理解し、約束を紙にすぐに書いておく等の対策をとることが重要です。